topimage

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の誕生日 - 2011.07.28 Thu

この歳になると、めでたくともなんともないけれど
先日はわたしの誕生日だったのでした

なにか美味しいものでも、と思っていたけれど
親知らずの抜歯後、炎症が長引いたりしていて
いまだに流動食で暮らしているわたし・・・
美味しいごはんとケーキはもうすこしおあずけ

ビカを産んでから
誕生日だろうが何だろうがふだんの生活、育児に追われていて
自分の誕生日を祝ってくれるひとなんてほとんどいなくなって
母になることは、こういうことなのかと
寂しいきもちにもなったものだけれど
今年は、2歳になったビカが

P7272083_20110727143212.jpg

>>はっぴばっすでっ しゅーゆー 
  はっぴばっすでっ でぃあっ ママー♪
(壁の飾りはビカの誕生日のまま放置)

と歌ってくれて
祝ってくれるひとが
実はここにひとり増えていたことに気づいて
驚いてしまったのでした

母になることは、こういうことでもあるんだなぁ

P7272121.jpg

オットからは
結婚3周年と兼ねて、結婚指輪に重ねづけできる細いリングを
昔は爪の立ったデザインが好きだったけれど
やっぱりそこは主婦、家事子育てに影響のないハーフエタニティにしました

母になることは、そんなことでもあります

スポンサーサイト

私は二歳 - 2011.07.21 Thu

さいきんのビカは、前にも増してこちらの言うことを聞いてくれなくなった

右行こうと言ったら左に行くし
上ろうって言ったら下りる
行こうか、やだやだ、帰ろうか、やだやだ
やだやだやだやだ
痛い痛い痛い痛い
(こっちがひるむと思うのか、すぐ痛いって言う・・・)

しーっ静かにって言ったらわざとぎゃーって大声出すし
なんなんだろう、あのやりにくいちいさい人は・・・
どこの二歳児もこんなものなのかなぁ?

P4220143.jpg

新書、だけどすごく古い本
1960年発行の「私は赤ちゃん」
妊娠中に読んでよかったので
二歳の誕生日を迎えるときに、続編の「私は二歳」も読んでみた

我が輩は猫である、の赤ちゃん版というか
赤ちゃん目線で親を、社会を見る、おもしろい切り口の本です
もちろん初版から長い時間が経ってしまったので
常識のちがいがあったりして、実用書としては利用できないかもしれないけど
わたしは
変わってしまったことより、変わらないことの多さ
そっちの方に驚かされたのでした

お乳が出ないって悩んで、はじめての病気にオロオロして
ほかの子との違いに不安になったり
義母と意見が食い違ったり
「まったく、さいきんの若い人は」って
1960年のママも言われてたのだという
そんなことに安堵して、励まされる思いです

そして結局は、すべては子どもの個性なんだと
そういう結論もいまといっしょ

やだやだビカと向き合うとき
子ども目線、ビカ目線になってみようと思わせてくれる
たいせつな本に、なりました

赤い甚平 - 2011.07.19 Tue

先週末、むずかしい親知らずを抜いたわたし
連休中になんとかなるかと思ったけど
いまだに痛み止めが切れるとめちゃくちゃ痛くてたいへん
流動食しか食べれないのもつらい・・・
はやくふだん通りの生活に戻りたいなぁ

気がつけばもう、お祭りのシーズン
お義母さんから、ビカへのプレゼントが届く
手作りの甚平

P7161943.jpg

こないだ遊びに来てもらったときに
一緒にちかくの布屋さんに行って
一緒に布を選んだ

どんなのがいいのかな、和ってかんじがいいのかな
なんでもいいよ、子どもらしい派手な色もかわいいよ
甚平?浴衣のがかわいいかな?
まだ小さいんだし、甚平のが動きやすいよ、浴衣はまた縫ってあげるよ

そんな風に
わいわい、きゃっきゃ探してるうちに
2人ですごく楽しくなってきてしまって
気がついたら、ふだん選ばないような
真っ赤な、蝶々柄の生地を手にしていたのだった

P7192041.jpg

・・・派手すぎ??
まぁいいか

ばぁばの甚平を着て行く夏祭り
いまから楽しみです

彼女の場所 - 2011.07.14 Thu

寝てるときに蚊に襲われたビカ

P7141926.jpg

>>あはー

不運なことに、まぶたを刺されたらしくって
試合後のボクサーみたいな顔になってる
本人、ぜんぜん平気そうですが・・・
見てて痛々しい!
はやく腫れ、ひかないかなぁ

さいきん、リビングの片隅に
ビカ用のスペースをかんたんに作りました

P7121882.jpg

オットがひとり暮らしのときに使ってたテーブルを引っ張りだして
そこに家に点在していたおもちゃを集めて

新しく買ってもらったお絵描きボードが大きくて
膝に乗せて描くの、難しそうにしてたビカは
机の登場に大喜び
ボードの定位置にして、ちゃんとイスに座って
よくお絵描きしています

それに、ちゃんと自分の机、自分のイスっていうのが嬉しいみたい
なんども、このスペースを指して
「ビカちゃんのー」
と言っては、満足そうに笑う
自分の場所っていうのが、この歳の子にも嬉しいんだなぁ

P7121890.jpg

ちなみに、ビカが描くさいきんのワンワン
(いないいないばぁの)
豪快なんだけど、なんか、本物からどんどん遠ざかってる気もします

東へドライブ - 2011.07.11 Mon

ただただ穴子丼が食べたくて
日生(ひなせ)までドライブ
冬は牡蠣が有名な、小豆島へのフェリーも出てる港町

P7091791.jpg

目の前の海で獲れた穴子はすごく新鮮で
ふっくらしてて、甘くて、でもしつこくなくて
すごく美味しかったです
小骨が心配で穴子を分けてもらえなかったビカは
一心不乱にわかめうどんを食べておりました

帰り、牛窓(うしまど)にも寄る

P7091831.jpg

ヨットハーバーとオリーブ園がきれいな
自称、日本のエーゲ海
エーゲかどうかは別にして
瀬戸内海はいつ見ても穏やかで、ほっとする

P7091822.jpg

せっかくだから海水浴場にでも寄ろうかと思ったのだが
少し寄るには駐車場代が高かったので
道すがら、微妙なポジションから海を見せられるビカ

海を見るのははじめてではないのだけれど
なぜか印象的だったらしく(こんなポジションなのに)
家に帰ってからも
「うみ、うみうみうみ」
と連発していました
ごめんね、今度は予定を立てて
ちゃんと海に行こうね

P7091828.jpg

そのあとは
暑すぎたので牧場でアイスを食べて

HP用みすずタイトルロゴ

やっぱり暑すぎたので
さいきん牛窓に出来た瀬戸内市立美術館へ
たまたま金子みすゞ展をやっていました

地震のあと、ACのCMで有名になった・・・
と言ったら語弊があるだろうけど
「こだまでしょうか」
などを含めた、やさしい響きの作品が揃っていて
とても心が洗われるひととき

3歳の娘のおしゃべりを綴った懐中日記「南京玉」や
その娘と別れなくてはならない運命への抵抗として、死を選んだ最期など
ちいさい子どもを持つ母としてはショックなことも多かったけれども
見に行けてよかったです
詩集、少しずつ読んでみようかな

そんな、行き当たりばったりのドライブ
予定が決まってない道中は
出会いもばったりで、なかなか楽しい
また、なにも決めずにどこかに行きたいなぁ

リアルほっぺちゃん - 2011.07.07 Thu

2歳になってもぷくぷく顔のビカ
小柄なのもあって
いまだに赤ちゃんというか
もっと小さい子に間違えられることが多々ある

「もうお誕生日は来てるの?」とか
「あらあら、あんよできてえらいわねぇ」とか
(↑ぜったい1歳前後の子に向かって言うやつだ・・・!)
気にしなきゃいいんだけど
その都度、微妙に傷つてしまうわたし・・・

こないだビカをカートに乗せたまま
並んでたサンダルを手に取って見ていたら
店員さんに
「もうつかまり立ちとか、伝い歩きはできちゃうってかんじですか~?」
って聞かれたし
0歳!?もしや0歳児に見えてるのか!?
(そしてなんなんだ、その言葉遣いは・・・)
なんかショック

P7041751.jpg

本人も気にしてるのか
やたらとほっぺを触るじゃないか!

P7021722.jpg

そして何故か
2本の指でほっぺを挟んでもらいたいという願望が常にあって
2歳を指で教えようとしたときや、ピースの形の指を見ると
はさんで!はさんで!って毎回慌てて自分の頬に食い込ませるよ?

よくわからないけど
ぷくぷく顔のせいで
へんな習性がついてるじゃないか・・・!

もうちょっと2歳児らしく
しゅっとしてほしい
でも
それはそれで物足りない、寂しいきもちにもなりそうな・・・
親心は複雑です

新兵器投入 - 2011.07.05 Tue

オットのご両親からいただいた誕生日プレゼント

P7041732_20110704212333.jpg

押したら音が鳴る、あいうえおボード
(なぜか贅沢に久保純子さんの声)

P7041730_20110704212330.jpg

ひらがななんてまだはやいかな?と思ったけれど
音が鳴るのが楽しいのか
けっこうお気に入りのおもちゃになってる

でも、各文字の場所を覚えたいってきもちはないらしく・・・
ビカの名前とか、すきなものの名前を押して教えるんだけど
すこぶる反応が悪い
いまのところ、ランダムに押してその音の響きに自分でウケてるだけ
そのうちもっとかしこい遊びを展開してくれるかな?

P6211622.jpg

こちらは
ままごとキッチンを買うまでのつなぎとして?
うちの両親が買ってくれた新しいお絵描きボード

以前使ってた小さいボードがもうボロボロで・・・
新しいのは、ペンも細くて描きやすい
ビカに負けず劣らずお絵描きボードを使うわたし的にも
(毎日ビカのリクエストにこたえさせられてるから)
とっても有り難いプレゼントでした

あたらしいアイテムたちを使って
まだつづく梅雨を
暑い夏を
乗り越えられたらいいなぁと思っております

ひらがなとっくん

1006-001-r1.gif

2カラーせんせい
4904810344926.jpg

小さい夏 - 2011.07.04 Mon

梅雨の合間に、プール開き

P6291714.jpg

>>つめたいよぉ~

今年も、狭いベランダに無理矢理設置してみました
服のまま、気がむいたらちょっとぱしゃぱしゃやって
飽きたら部屋に戻ってってかんじ
自由に行き来できてお手軽です

でも実際、ビカがこれのことを「プール!プール!」と呼ぶようになってみると
なんだか不憫な気がしてきた・・・
ビカはまだ、こんな小さいビニールプールしか知らない

今年は
もっと大きい、ほんとうのプール連れていってあげたいな
そして、できれば海にも連れて行ってあげたい
水には浮かぶこと
水には沈むこと
夏は楽しいこと
いろいろ教えてあげたいな

ベランダでぱしゃぱしゃするビカを見ながら
そんな風に思う、夏のはじめです

聞く耳 - 2011.07.01 Fri

ビカの熱はだいぶ下がったのだけれど
染る病気だし、念のためまだ家で過ごしています

家から出られないので
ベランダでのシャボン玉がブーム

P6241652.jpg

でも、いつも液を1本使い切るまで納得してくれないから
けっこう時間がかかる・・・
さいごのほうは、とくに楽しそうでもなく
ボトルを終わらせることに執着して頑張ってるかんじ
よくわからない、その義務感

さいきんの成長メモ

言葉に関しては、ビカは女の子のわりに
あんまりおしゃべり得意じゃないかなー?って印象なのだけれど
2歳になるちょっとまえから
やっと2、3語続けてぽろぽろ喋るようになってきました
でもいまのところ
「ママおはよう」「パパいってらっしゃい」「ビカすごい!」
とか
基本まえの部分は人で、パパママか自分しか出てきません
もうちょっとバリエーションが増えてくれるといいな

感情の表現でおもしろいのは
ちょっとでも気に入らないことがあると
「もうッ!!」
と言って、顔を手のひらで覆い、タタタタターと走ってどこかにいってしまうこと
女子中学生みたいです

こちらが丁寧に諭したりするモードになると
耳を両手で塞いだり
「うるしゃい」って遮ってくることもある
あと、なにをどう間違えたのか
いまビカに「何歳?」って聞くと
1本指を立てながら「3しゃい」って答えるのだけれど
(ぜんぶちがう)
「2歳だよ」などと言うものなら、すっごい迷惑そうにされます
2歳児なのに、ひとの助言をことごとく嫌う傾向があって
ちょっと心配・・・
もうちょっと、ひとの話に耳を傾けてくれるようになればいいんだけど

でも、半年前くらいからはじまった
やりにくさ(イヤイヤ?)はすこしマシになってきてるのかも
なぜ嫌なのか、こちらもだいぶ分かるようになったし
感情に任せて叩いてきたりすることもだいぶ減りました

でも魔の2歳児とやらは、まだはじまったばっかり
これからもっとすごい展開が・・・
あるのかなぁ、なければいいなぁ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

ナタ

Author:ナタ
*****
大阪→岡山→大阪
オットとわたし
2009年生まれのビカ
3人でのんびり暮らしています

幼稚園の年長さんになりました
遠視治療も3年目です

Counter

My Bookshelf

Comment

Archive

recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。