topimage

2011-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだんおかあさんになっていく - 2011.11.30 Wed

かーえろー かーえろー
おーうちーにーかーえーろー

公園から、買い物から、お散歩から帰る道で
ビカはいつもこの歌を口ずさむ
おうちにかえろう
おかあさんといっしょの、今月の歌(来月もかな?)
わたしもこの歌が好き
とくに夕方聴くと、じーんわり

作詞のおーなり由子さんは
昔から好きな作家さんだったけれど
おかあさんといっしょを見るようになって、余計好きになった 
リンゴントウとかも不思議でかわいくって!

PB305194.jpg

そんなおーなりさん自身の
子育てじかんを振り返った詩集が出ていたので買ってみた

妊娠中と、0歳から2歳ぐらいまでの
あのとくべつすぎて、うまく言葉で表せない、そんなじかんが
やさしいことばと絵で綴られていて
贈りものでもいただいたきもちになりました


おかあさあん/おかあさあああああん/よばれながら/わたしは/だんだん/「おかあさん」に/なっていく


こどもみたいな自分が、おかあさんになんてなれるかなって
思った、そんな日々
いまもまだ続いているのだけれど・・・
娘といっしょに、すこしずつ成長できたらいいなぁと思います

スポンサーサイト

紅葉さんぽ - 2011.11.29 Tue

先日、紅葉を見に山の方へドライブ
特別史跡になっている旧閑谷(しずたに)学校へ

PB235064.jpg

紅葉が美しくて有名な、巨大な楷(かい)の木が2本あるのだけれど
それはもう落葉していて・・・

きれいなお庭を少し散歩してきました

PB234991.jpg

落ち葉を拾うのにいそがしい・・・

PB234971_20111124153945.jpg

きいろとーあか?

PB235023.jpg
PB235011.jpg

パパに肩車してもらってごきげーん

きれいな景色より
さむいなか一緒に食べた豚汁のほうが心に残ったらしく
帰り道はおいしかったーを連発していましたが・・・

TVで紅葉の景色なんかが映ると
「あ!きいろはっぱ!あかいはっぱ!」
「ビカもみたよ!」
などと言っているので
なにをしに山へ行ったのかは、なんとなくわかっているのかも?

だんだん寒くなっていくこと
木が色づくこと
あったかいものが美味しいこと

あたりまえのことを
あたりまえのように知っていくだけで
すごいなぁとおかあさんは思ってしまうのです

またおでかけしようねー!

はじめての動物園 - 2011.11.24 Thu

先日、ビカとはじめて動物園へ

PB204794.jpg

>>・・・

動物といえば
牧場で牛やヤギなどと触れ合うコースが定番な我が家
ぞうとかライオンとか・・・有名どころ?を生で見たら喜ぶだろうなぁって思ってたんだけれど
遠い、触れない、えさをあげられない
というのが、ビカにとってはストレスだったよう
草を握って(あげたい・・・)悲しそうに眺めていました

なので、早々にふれあい体験コーナーへ移動

PB204757.jpg

>>これこれ~!

この距離感を求めていた?

PB204784.jpg

うさぎやモルモットを抱いたり

PB204843.jpg
PB204750.jpg

牛やヤギ、鹿にえさをあげたり

PB204722.jpg

ロバの毛づくろいをしたり

なんだか、結局牧場の面々とあんまり変わらないような・・・
気がしないでもないけれど
たっぷり動物さんたちと遊べて、たのしい一日となったみたい

**余談

動物園に行ったあと
「動物園たのしかった?なにがたのしかった?どの動物がかわいかった?どの動物が好きだった?」
などと何度も聞いたら
(話した方が記憶に残るかと思って・・・)
さいしょは
「たのしかったー」「せんべいあげたー」「うさぎー」「さるー」
とか一応答えてくれていたのに
しつこくしすぎたらしく
「どうぶつえんのはなし・・・もうおしまい!!」
と翌日キレられました

ママだけはしゃいでるっぽい!
なんだかさみしい・・・

将来の夢 - 2011.11.21 Mon

おきにいりの牧場

PB034280_20111107232110.jpg

こないだ、ビカといっしょに子ども番組を見ていたら
将来の夢のはなしが出てきた
まだそんな意味わからないだろうし
返事がかえってくるとは思わずに
なんとなーく
「ビカはおおきくなったら、なにになりたい?」
と聞いてみたら
パッと目を輝かせ、ビカが言ったのだった

「ビカね、やおやさん!!!」

やおや・・・??
八百屋・・・!?

えっもう将来の夢とかあるんだ!?
しかもパン屋とかケーキ屋とかじゃなくて八百屋??
でもいっしょに八百屋さんなんて行ったことないし・・・
そんなワードどこで??

「な、なんで八百屋さんなの?おかし屋さんとかじゃないの?」
と、オロオロ聞くと
「ビカ、にんじんつくってうるの」
と、うっとり言う
ええっなにそれ農家!?直売!?
たしかにビカはにんじんが好物だけれど・・・

「なんで八百屋さんなんて知ってるの?だれが言ってたの?」
「えー、うしゃぎしゃん?」
「うさぎ!?」
「ノンターン」
ん、ノンタン・・・??

よくよく話を聞き、調べた結果
以前借りたノンタンのDVDのなかで、登場人物がそれぞれ将来の夢を話すシーンがあり
そこでうさぎさんが
「八百屋さんになって、だいすきなにんじんを作って売る」
というフレーズを言っていたのだった
そこを採用したんだな・・・
あーびっくりした

でも、みんながそれぞれ語る将来の夢のなかから
「八百屋か・・・わたしもこれがいいな・・・」
とか、考えていたかと思うとおもしろい

PB034311.jpg

>>いっしょに新鮮なにんじん、売りませんか?

これからたくさんの夢を持つのだろうけれど
さいしょの一歩が八百屋だったこと
いつかおおきくなった娘に、教えてあげたいと思います

おばあちゃんの服 - 2011.11.17 Thu

この夏、お義母さんがビカに作ってくれた水玉ワンピース

PB154652_20111116153312.jpg

すごくすごく気に入って、おでかけにいっぱい着ていった
このたっぷりとした形がたまんない・・・

そんなことをお義母さんに話したら
秋冬バージョンも作ってくれました

PB154673_20111116153315.jpg

短めチュニックと

PB154660_20111116153301.jpg

1枚でも様になるワンピース

どれもこれもかわいいー!
とっかえひっかえ・・・毎日のように着させてもらっています

わたしはまったくミシンとかが使えないのでほんと尊敬
でも、お義母さんがすごいのは
ミシンの腕はもちろんだけれど、その柔軟さなんだと思う

どんなの作ったらいまの子が喜ぶかわかんないから
いまどきの服が載ってる本とかが欲しい
そう言って、わたしが選んだ本を見ながら、わたしが選んだ布を使って
作ってくれる

ほんとうに、やさしいおばあちゃんだと思う

PB154584_20111116153247.jpg

サイズもいつもぴったり☆

おばあちゃんの愛が詰まったお洋服着て
またいっぱい、お出かけしようね

クリスマス、ほしいもの - 2011.11.15 Tue

PB154639.jpg

風が一段冷たくなって
町で見るクリスマスの飾りなんかが、やっとしっくりくるようになった

ちゃんとしたツリーを持っていない我が家
とりあえずリースを出して、クリスマス気分へスイッチ
いまの家でおおきいツリーを持つのはちょっと難しいけれど・・・
いい出会いがあったら、机の上に乗る小ぶりなツリーなんかは欲しいなぁ


今年は、ビカにとっては3回目のクリスマス
絵本や子ども向け番組にも出てくるし、サンタシステム?もなんとなくわかってるようなので
今回からプレゼントのリクエストを本人に聞いてみることにした

「いい子にはサンタさんプレゼント持ってきてくれるんだよ、ビカはなにがほしい?」
「うーん・・・ビカ、くつした!!」

く、靴下・・・?
あ、クリスマスの情報がごっちゃになってるのか・・・
たしかに絵本とかでもみんな靴下持ってるし
紛らわしい??

「靴下はサンタさんがプレゼント入れてくれる場所だからね
 プレゼントはちがうものがいいと思うよ
 おもちゃとか絵本とか・・・なにか欲しいものない?」
「うーん、くつした」
「・・・・」
「くつした!!」
「そっか・・・」

勘違いしてるのか、ほんとうに履く靴下が欲しいのか
はたまた、今後のために、受け皿としての大きい靴下をとりあえず選択したのか
よくわからないけど
何度聞いてもそのリクエストは覆らないようなので
靴下、用意しようと思います・・・

こわいの話 - 2011.11.11 Fri

さいきんのビカ
唐突に
「ママ、好きじゃない!」
と言ってきます
そしてわたしが「ええー、好きじゃないの?」って悲しそうな素振りを見せると
それをしばらくにやにや眺めてから
「うそー、すきぃ~」
と抱きついてくる
なんだろう、この毎日何十回と繰り返されるやり取りは・・・
ツンデレ?ツンデレなのか?

******

そんなビカは
さいきん難しい時期というか、新たな段階?にきてるんじゃないかって思うことがある
それは「こわい」が急激に増えている、ということ

ちょっと前まで、どこの公園に行ってもすべり台がダントツ好きだったのに
さいきんどうしてもすべることが出来なくなった
階段を上りはするんだけれど、上まで行くとガクガクーってなって
「こわいー!!ママーママー!!」
と、わたしが助けにいくまで座り込んでひたすら泣いている
いままで無意識だったけれど
よくよく見渡してみたらずいぶん高いということに今さら気づいたとか・・・?
それともなにか嫌な思い出、できちゃったのかなぁ

それに、どうしても駄目な場所ってのもある
4月から地域の育児サークルに参加しているけれど
秋からとなり町の、ちがう集まりにも行こうと思っていた
でも、そのサークルがやってる児童館がビカにとって鬼門らしく
何回もトライしたけれど、どうしても中に入ることができない
保育園や幼稚園だったら、それでも頑張って行かないといけないんだから
慣れさそうってはじめは思っていたけれど
だんだんひどくなって、しまいにはいっしょに行くおともだちのママを見るだけで泣きわめくように・・・
そんな姿を見ながら、ふと

まだ頑張らなくていいのかも?
せっかく楽しんで行ってる場所もあるんだし、いまはビカが好きなものだけでいいのかも?
って思うようになって、結局そこは諦めて
その日のビカの希望に沿った、ゆるーい暮らしを続けています

ほかにも、きゅうにお風呂がこわくなったり
なんだかいやな道、なんだか苦手なひと
理由のわからないこわいものが
ビカにはたくさんできているみたい
そういう時期なのか、そういう子なのか
心配だったり、はがゆいきもちにもなるけれど
いまはビカにとってたのしい、安全な場所で
いつか頑張れるその日を、待とうと思っています

PA294192.jpg

こわいって大切なきもちだと思うしね!
ゆっくりいこうねー!

yonda?CLUB - 2011.11.07 Mon

新潮文庫の、yonda?CLUBから荷物が届く

PB014240.jpg

マグカップ!

今秋グッズのリニューアルがあって
100%ORANGEデザインのマグがラインナップから消えていることに気づいて
すべりこみセーフで交換してもらった
20冊でマグ2つ
デザインは自分で選べなかったけれど
届いたブルーとイエローのzooシリーズはどちらもすごくかわいくて
眺めてにやにやしています

並べているグリーンのは
5~6年前くらいに交換してもらったもの
読書のおともにずっと使っています
あの頃は20冊でマグ1つだったので
今回はお得に感じる
わりと文庫本を読む方だと思うし
古本を買うときも、新潮のは折り返しを必ず確認してからにしてるんだけれど
それでも5年でやっとこさ20冊
10年で40冊
・・・マグ3個分
子どもの頃から憧れていた、文豪ウォッチへの道のりは厳しいです

ちなみに、今秋からのグッズには、リサ・ラーソンが手がけたものも
ライオンに負けず劣らずいい表情のパンダ・・・!

img_07.jpg

これは100冊集めないとだめなので、絶対無理だけれど
夏キャンペーンのキーホルダーはゲットしました

PB084454.jpg

ちゃんとリサっぽくてかわいい!
本棚に、ちょこんと飾ろうと思います

帰省、美容院へ - 2011.11.04 Fri

帰省中、ビカはじめての美容院に挑戦

いままでわたしが切ってて、これからもそのつもりだけれど
プロが切ったらどうなるのか?をいちど経験してみたくて

PA284103.jpg

キッズ専用の美容院
好きな車に乗って、好きなDVDを見ながら切ってもらえます
ビカは黄色のフォルクスワーゲンと、おかあさんといっしょをチョイス
はじめてづくしで泣くかもなー?と思ってたけれど
ハンドルと映像に夢中で、終始ご機嫌でした

わたしはと言うと
プロの技を参考にしようとちかくでガン見するも
早すぎ凄すぎてなにも盗めないまま・・・
カットしてシャンプーしてブローしてもっかいカットしてセットして
それが20分で収まるだもん!
プロってすごいんだなぁって思いました

PA284112.jpg

すっきり!

ザ・おかっぱってかんじでちょっと笑えるけど
きれいに揃えてもらいました
本人もなんだか満足そう

PA284126.jpg

おまけに左右を編み込みしてもらって終了
(ネックレスをつけてるのは、髪を見てビカがおめかししたくなったから)
ずっとご機嫌だったけれど
さいごのさいごに泣いてしまいました
理由は
「きいろブーブー!おかあさんといっしょ!」
まだ帰りたくなかったらしい・・・

そんなに気に入ったなら
たまにはプロにお願いしに来てもいいかもね?
ビカのきれいなえりあしを見ながらそう思った、帰り道でした

ZUSSO KIDS

帰省、おかあさんといっしょ - 2011.11.02 Wed

実家に帰ったら、NHKへ散歩に行くことにしている
すごくきれいで空いてるし
子ども番組のコーナーがあって、ビカはいつも大興奮

PA244081.jpg

>>わーい、ぽていとー

迎えてくれる人形が、やっとポコポッテイトになっていた
(夏に帰ったときはまだモノランで、ビカが釈然としない様子だった)

PA244090.jpg

この青い場所に立って前の画面を見ると
おかあさんといっしょの映像のなかに自分が映ってるように見えるという仕組み
キャラクターといっしょに踊ったりできて楽しそう

ほかにお客さんもいなかったし
この場所でひとりずーっと遊んでいたのだけれど
そのうち社会見学の小学生たちが団体でやってきた
ちょっと離れた、ビカの死角にみんな座ってNHKのお姉さんからまずは説明を受けていたので
まだいいか~とビカをそのまま踊らせていたら、なんだか小学生たちがクスクスしていて様子がおかしい
そして「せんせい、あの子だれですかー?」との声
??と思って覗いてみると、みんなが座ってる前にも大画面があって
ずっとそこにキャラクターと踊っているビカが映し出されていたのだった・・・
ひゃー!

「ビカ!小学生のおにいちゃんおねえちゃんがお勉強してるからもう帰ろう!」
「いや!ビカちゃんここいる」
「みんな見てるよ!あっち行こうよー」
「いやーーー!!」

最終的には、楽しげに踊るキャラクターのまんなかで
泣いて転がるビカと、それを回収する母、という映像を提供する羽目になり
小学生たちはさらにクスクス
恥ずかしかったなぁ

でも、ビカはすごく楽しかったみたい
次回は社会見学に気をつけて行くことにしよう・・・と
強く思った母でした

帰省、新幹線で - 2011.11.01 Tue

2週間ほど、ビカとふたりで帰省しておりました

荷づくりをした夜が寒くって
厚めの服を中心に持っていってしまい
ちょっと困ってしまったけれど・・・
あたたかく、過ごしやすい日が続いた秋の大阪
地元の公園に行ったり、行きつけだったお店にごはんを食べに行ったり
ゆっくり過ごさせてもらいました

PA194071.jpg

いつもは車なんだけれど
今回ははじめて新幹線での帰省

家のちかくを新幹線が通るので
いつもばいばーいって手を振っているけれど
まさか自分が乗ることになるとは思っていなかったビカ
乗ってしばらくは興奮してたいへんだったけれど・・・
お昼寝の時間に合わせて乗ったのがよかったのか
途中からは寝てくれて助かりました

寝ぼけたまま電車を乗り継いで到着した実家
「あれ、じぃじばぁばのおうち・・・??」
何度もそこに行くと説明したのに
いつもと道中がちがったせいか、到着した場所にしばらく驚いていた
ワープ的な気分?
そう、いろんな道でつながっているんだよー

ビカ的にはたのしく不思議な、旅の往路でした

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

ナタ

Author:ナタ
*****
大阪→岡山→大阪
オットとわたし
2009年生まれのビカ
3人でのんびり暮らしています

幼稚園の年長さんになりました
遠視治療も3年目です

Counter

My Bookshelf

Comment

Archive

recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。