topimage

2013-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉の結婚 - 2013.05.27 Mon

P5277200.jpg
P5277204.jpg

わけていただいた、お花たち

*****

昨日は、わたしの姉の結婚式でした

7つ歳上の姉
しっかりしていて
天職と言えるしごとをもっていて
すてきな部屋に住んで
休日は趣味の語学や歌
長期休暇には海外旅行
いままでだって、充分楽しそうで幸せそうだった
それでも両親は
いっしょに生きていくひとを、見つけて欲しかったのだろう
わたしも母になり、そのきもちも、やっぱりわかるかな・・・

だから、昨日はわたしたち家族みんなの
夢が叶った日でもありました

P5267060.jpg

おめでとうお姉ちゃん
いままで以上に、しあわせになってね

P5267070.jpg
P5267087_2.jpg
P5267103.jpg

ちなみに当日のビカはこんなかんじ・・・
ジュースばっかり飲んでるな!

食べて飲んでばっかりだったけれど
2歳のときに参列した結婚式とはちがい→
ほとんどのじかんを静かに、聞き分けよく過ごせました
さすが、もうすぐ4歳だもんね!

さいきん
「ビカはおおきくなってもけっこんしない」
「だって、ずっとおとうさんとおかあさんとさんにんでくらしたいから」
なーんて母的に胸キュンなことを言っていたビカだけれど
今回の結婚式で
「しろいドレスきておはなもちたいな・・・」
と、ちょっと心境に変化があったよう

さてさて
どんな人生が待っているのでしょう?
あかあさん、楽しみにしているね
スポンサーサイト

幼稚園、5月 - 2013.05.23 Thu

P5226975.jpg
P5226977.jpg

プロデューサー巻きが、おきにいり♡

幼稚園
水曜日以外、やっと午後までの保育となった
といっても13時まえには迎えにいくので、まだまだ慌ただしい
通っている幼稚園には昼食サービス(おかずのみ提供)があるのだけれど
年少さんはまだ毎日お弁当である
ちょっとずつ慣らすためなんだろうけれど
なんでも食べるビカ、そこははやくはじめてほしい・・・

公立幼稚園にはいってみて
運営がおかあさんたちに託されている部分がとても多いことに驚かされた
毎日けっこう忙しいんだなぁ
でも、幼稚園のできごとをあまり話してくれないビカ
毎日幼稚園に足を運んで終わりの会にも参加して
その姿を直接見て、先生から話を聞いて
いろいろ知れるのは嬉しい
小学校になったら、玄関でいってらっしゃいなんだもんね
いまはちょっとたいへんでも
毎日の送迎もいつかいい思い出になるのだろうと思う

P5226958.jpg

自分撮り?

ビカ自身、めがねにはずいぶん慣れて
まわりのおともだちも、もうほとんどスルーのようだ

でもこないだ園庭で遊んでいるところを見ていたら
「ぼくもめがねかけてみたい〜かして〜」
と言われていた
どうするのかなと思っていたら
「めがみえるなら、かけないほうがいいよ
 ビカ、みえないからね!
 あははははは!(←笑い声)」
と、答えていた

わたしも、かしてと言った男の子のおかあさんもびっくりして、思わず顔を見合わせた
あんた、そんなことをそんな明るく!?

でも、それぐらいじゃないとやっていけないよね
ビカのつよさに
とても助けられている
いままでどおり
毎日、楽しく暮らしています

母の日 - 2013.05.20 Mon

P5136908.jpg

ビカから母の日にもらったプレゼント

きいろいスカートをはいたママと
チューリップ
よかった、ママにこにこしてる

P4136354_20130520220852.jpg

ちょっとまえ
おもちゃやさんのワークショップでつくったつみきのうさぎ
これもかわいいんだよね・・・
いい顔してて

捨てられないものがどんどん増えていく、このごろ

これから何年も、つもりつもっていくのだろう
悩ましいけれど
捨てられないものがつまったおうちは
しあわせな場所なんだろうとも、思います

めがねで登園 - 2013.05.16 Thu

P5166922.jpg

ミッケ!
楽しんでやっています

遠視のビカが、お医者さんから薦められていること
ちかくで細かい絵柄や字を見る
TVゲームをする
ずっと使っていなかった左目を
いままでのぶんも
たくさんたくさん使わなくてはならない
近視の子とは、やったらいいことが逆になるんだなぁ

*****

今週からめがねで登園している
初日に、先生がめがねのたいせつさなんかをおともだちみんなに説明してくれた
でも、そこは3歳児
まわりのことなんかあまり見えていないので
そこまで過剰な反応はないようだ
子どもより、おかあさんたちのほうが??となっているので
何度も説明しているうちに、自分のなかでも整理がすすんだような気がする

ビカはいままでどおり
幼稚園にたのしく通っている
なので、からかわれたりしてないようでよかった、と思っていたけれど
あとからビカが
「はじめてかけていったひ、◯◯ちゃんと××ちゃんがへん!っていったのよ」
「めがねへ〜んだって」
「でも、もういわれなくなった」
と、教えてくれた

言われた日じゃなくて
言われなくなってから報告してきたところに
もう、わたしのしらない世界がビカにはあるんだと思った
へんだというおともだちもそりゃいるだろう
でも、わたしがひとりひとりに説明してまわったり
そんなことは、もうできないのだ
そうやって、本人が強くなるしかないのだろう

「でもこれビカのだいじだから」

なにか言われたら
ビカはそうこたえている
思っていたより
受け入れるちからがあるんだなぁ

めがねに慣れたら
つぎの段階
見えるほうの目にアイパッチをつけて(目を隠すシールみたいなもの)
見えない目だけで過ごす訓練にはいる
心配だけれど
ビカならがんばってくれるんじゃないかな、と
勇ましい登園姿を見ながら
そう思っている

*****


めがね - 2013.05.11 Sat

P5096870.jpg
P5096858.jpg

めがねデビューしました

今週は、練習週間
もちろん、外したがることもあるけれど
思いのほか、嫌がらずにかけてくれています

来週からは幼稚園も、めがねで登園する予定
けがしないかな、こわさないかな、からかわれたり、しないかな
不安はつきないけれど
先生たちは、よくわかってくれている
信じて、送りだそうと思います


こないだビカが
「みえる」
「ママのかおみえる!」
って、夜中とつぜん起きて言ったことがあった

見えている、見えていない
まいにちいろんなおとなに囲まれてそんなことばっかり言われて
なにも思わないはずない

ずっとこの目で生きてきたビカ
ちゃんと見えてるよって、言いたかったのだろう

ごめんね
もっともっと
きれいに見えるようにしてあげるからね

P5086854.jpg

かっこいいでしょ?

うんうん、とっても似合ってるよ!

GW、鳥取へ - 2013.05.09 Thu

GW後半はオットの実家へ

ビカのひいおばあちゃんを囲んで
米寿を祝う会があった
たくさんの親族があつまって
わいわい、おまつりさわぎ

おめでたい雰囲気がいまのわたしにはちょっとしんどくて
参加をためらっていたけれど
ビカはとてもとても楽しそうで
(鼻血をふくほどだった)
がんばっていって、よかったな

P5046781_2.jpg

いとこに夢中なビカ

親族であつまると
子どももたっくさんで
気がつけば、ビカよりちいさい子のほうが多くなっていた

ちょっとおねえちゃん風ふかせてみたり
お世話やいてみたり
こういうこと、経験させてもらえるのはいいなぁ

P5056795.jpg
P5056800.jpg

おうちでは
楽しみにしていた
ミニトマトの植えつけをおばあちゃんと

こういうのも、我が家ではやってあげられないからうれしい
たくさん実がなるといいな・・・

P5056833.jpg

以前、連休に帰省したとき
渋滞に巻き込まれて、帰り7時間ちかくかかったので
今回は電車で
しかし電車もしんどかったー!

ビカ、ものすごく眠そうなのに寝ないし
さわぐし、なくし
こまったこまった
けっこう揺れるし、たぶん酔ったのかな・・・

P4296750.jpg

しかし見るぶんには鉄道ずきのビカ

たくさんの電車が見渡せる
大阪駅の、この場所がだいすきです

GW、岡山へ - 2013.05.08 Wed

P4286662.jpg

GW前半は、以前くらしていた岡山へ

正直、
おやすみまえは
どこにも行きたくないし
だれにも会いたくないと思っていた

でも、オットがいっしょにいこうと
なかば強引に、連れ出してくれて
なつかしい場所に連れていってくれて
なつかしいともだちに会わせてくれて
わたしは、それだけでずいぶん気が晴れたのです
ありがとう

P4286683.jpg
P4286650.jpg
P4286697.jpg
P4286701.jpg

ビカ、おきにいりのやぎさんには
あかちゃんが生まれていました

P4286709.jpg
P4286704.jpg

ひさしぶりの牧場
たくましいみどりも
藁のにおいも
きもちよかったな・・・

P4286696_2.jpg

かけなくてもいいめがねを
オットはさいきんずっとかけています
ビカとお揃いにするんだって
いろんな寄り添い方があるんだな

ちょっと元気になりました
ご心配、おかけしました

精密検査 - 2013.05.01 Wed

P4146446.jpg

ビカの遠視が見つかった1週間後
はじめて幼稚園をおやすみして
精密検査を受けに行きました

サイプレジンといという
目のピントを合わせる機能を一時的に休ませる薬を入れて
遠視の度合いを測る検査
両目に点眼、10分後もう一度両目に点眼、それから効くまで1時間待機

このお薬が、ものすごくしみるらしく・・・
ビカが二回目を相当嫌がり、おとなたちで押さえつけて点眼
だいじょうぶだよだいじょうぶだよと言いつつも、見ていてつらかった
そしてこの薬、瞳孔をひらく作用があるので
効いてくるほど本人はまぶしく、ちかくのものが見えなくなってくる
待ちじかんのなかで、ビカがだんだん不安になってきているのがわかりました

その後、いろいろな検査を受けて
告げられた病名は
「弱視(左)」「不同視」「遠視性乱視(両)」

両目とも遠視だけれど
やはりとくに左がきつく、近くも遠くも常にぼんやりとしている状態とのこと
あかちゃんの目と、おんなじだそう
視力は左が0.2右が0.9
近視のひとからすると、この視力はたいして悪くない数字に映るかもしれないけれど
ビカのような弱視の場合、視神経が発達していないので、めがねで矯正しても視力が出ない
つまりレンズを入れても視力はあがらない
屈折率のせいで見えていないわけではないのです

この状態から
矯正視力(めがねをかけての視力)があがる状態まで持っていけるよう
治療用のめがねを作ることになった
そのめがねをかけてもいまは左が0.3右が1.0にしかならないのだけれど
ピントが合う状態をつくることで
ビカに「見る」ことを促し
視神経を発達させる狙いがある

視神経が育つのは、7〜8歳ぐらいまで
もうすぐ4歳のビカ
タイムリミットは3〜4年
「あかちゃんのまま」であるビカの左目を
うまく育ててあげられれば
3〜4歳の子の視力にまで、成長する可能性があるということ
見えづらい目を敢えて使ってくらすのは
ビカにとって、とてもストレスになると思うけれど
その可能性にかけて、いっしょにがんばろうと思う

****

正直、はじめて目の異常を指摘されてから
精密検査までの1週間
「ほんとなのかな?」
「なにかのまちがいなんじゃないかな?」
というきもちを、どこかで拭えないでいた
見えてないと言われてからというもの
ビカの目を
とにかく気にして過ごしたけれど
それでもわたしには、へんなところなんかひとつもないように思えた
ありの巣も、ちいさい星も
見つけては教えてくれる
「やっぱり、うそなんじゃないかな?」
そう、思いたかった

でも検査の日、目の筋肉を緩める薬をさして、検査を受けるビカを見ていたら
わたしにもわかった
「見えてない」
いままでビカは
毎日、目の筋肉をものすごくつかって
がんばってがんばって
むりやり、いろんなものを見ていたのだ
かわいそうだった
申し訳なかった
ふつうになんでも見えるようにしてあげたいと、思った

検査のつぎの日
薬の効き目はそろそろきれるはずなのに
「まだみえない」
「こわい」
と、ビカは幼稚園に行きたがらなかった
迷ったけれど
もういちにち、おやすみをしていっしょに家で過ごした

ちゃんと、支えていけるだろうか
わたしもこわいけれど
毎日、だいじょうぶだいじょうぶとちいさく唱えつづけている

もうすぐ、はじめてのめがねができあがります

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

ナタ

Author:ナタ
*****
大阪→岡山→大阪
オットとわたし
2009年生まれのビカ
3人でのんびり暮らしています

幼稚園の年長さんになりました
遠視治療も3年目です

Counter

My Bookshelf

Comment

Archive

recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。