topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4歳のオリンピック - 2014.02.24 Mon

P2212512.jpg


ビカ、無事に幼稚園に行けるようになりました
よかった〜
溶連菌、いっしょにかかったわたしは喉が腫れるぐらいだったけれど
ビカは熱と湿疹がひどくて、心配しました

*****

オリンピックが終わってしまったなぁ・・・
ながく家で過ごしたので
ビカといっしょに、オリンピックの試合をいっぱい観ました
(もちろんほとんど録画のものだけれど)

ビカが今回のオリンピックで得た知識

・オリンピックは夏と冬のものがあって、どちらも4年に一度である
・2020年に、日本でオリンピックが開かれる
・冬のオリンピックは、やっぱりさむい国のひとが強い
・時差というものがある
・ソチは意外と左の方(ビカの地図的に)にある
・アジア人は似ている
・真央ちゃんはすごい
・ママはスポーツを観ても泣くことができる

など

ビカがいちばん驚いたのは、時差の件らしい
日本が夜なのに、ソチの映像が昼で
なんで!?なんで!?と、ものすごーくびっくりしていた
地球は丸くてね、回転しててね、と説明しているうちに、標準時がね、というところまで話がおよび
じぶんでもどうかと思った
さいきんは簡潔な説明がむずかしい質問もおおくて、こまるなぁ
でもこのはなしをビカはとっても気に入ったようで
それから毎日
「ママ、アメリカはまだきのうだね」
と、かっこよく言ってきます
そのフレーズ、言いたいだけやろー!

アジア人の件は
映像を観ていたビカがきゅうに
「ビカ、すごいこときづいた・・・!」
「あのね、かんこくのひとは、にほんのひとににている!」
と言ったのだった
もちろん、わたしたちにとってはあたりまえのことなんだけれど
観ていてハッとなったのなら、それはやはり大発見なのだろう
「ちゅうごくのひともにてるね」
それからは、そんなところにも注目するようになった

たくさんの日本選手を教えたけれど
「ビカはまおちゃんがいちばんすき!」
と、さいしょからそこはブレなかった
技のこととか、愛らしいキャラクターとか、なにもしらなくても
4歳児にもわかるものなのかな、真央ちゃんの良さは
フリーの演技、なんどおなじ映像がながれても
さいご真央ちゃんが泣くとことろで、わたしもどうしても泣いてしまう
ふだん、わたしが泣くと
ビカは側に駆けよってきて
「ママ、いたい?かんどう?」
と必ず聞くのだけれど(ビカが知っている泣きの種類がこれだけ)
今回は、あまりになんどもおなじ映像でわたしがうっうっと泣くので
「どうしたんママ・・・あ、まおちゃんのマネね〜!?」
と、にやにや言われた
真似じゃないよ!どう考えても感動だよ!

世界じゅうのひとがあつまるスポーツの祭典
というところには興味津々だし
がんばれにっぽん!がんばれにっぽん!と
びっくりするほど自国を応援する姿勢もあったのだけれど
クールなビカ
スポーツで泣ける、という感覚はまだまだわからないようで・・・
東京オリンピックのころには、もうちょっと
いっしょに感動、できるようになってるかな?

たのしみに、その日を待とうと思います

*****



国旗だいすきなビカ
これどこの国旗?と聞くとかならず教えてくれて
観戦に役立ってくれました*


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lisboa28.blog44.fc2.com/tb.php/684-298555c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ・レッスン «  | BLOG TOP |  » KOBEから

Profile

ナタ

Author:ナタ
*****
大阪→岡山→大阪
オットとわたし
2009年生まれのビカ
3人でのんびり暮らしています

幼稚園の年長さんになりました
遠視治療も3年目です

Counter

My Bookshelf

Comment

Archive

recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。