topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢へゆく⑤ - 2015.09.07 Mon

P8244060.jpg
P8244061.jpg

ひがし茶屋町

格子戸と雨戸がずらりとならぶ、茶屋のまち
レトロな雰囲気がたまりません

P8244068.jpg
P8244070.jpg

路地裏に、迷いこんでみたり

P8244087.jpg
P8244082.jpg

町家で敢えて洋菓子♪を推したんだけれど
和菓子きぶんのビカに負けてしまった

創業380年のお茶屋さんであんみつ
ほんと、よくたべるな〜・・・

P8244093.jpg

コールドパーマ!

P8244113_201509071420017ab.jpg

さいごはバタバタ

駅で金沢みやげを買って、サンダーバードに乗り込む
あっまた食べてる・・・!?
3時間の帰路、興奮しているのかいちども寝てくれませんでした

P9074144.jpg

持ちかえったものは
ずっとあこがれていた、辻和美さんのめんちょこと

P9074159.jpg

「かなざわのおもいで」

タレルの夜の空と(スイミングプールかと思ったが、神さま目線なビカなのだった)
まさかのホテルの朝食ビュッフェ

もっとほかにあったやろー!
とつっこみたい、おとうさんおかあさんなのでした



スポンサーサイト

● COMMENT ●

旅行

楽しそう〜ビカちゃんのもりもり食べて楽しんでる様子がいいね。
思い出がビュッフェってのが面白い。
金沢一回しか行ったことないけどすごく行きたくなった〜
うちの子美術館楽しめるかわからんけど>_<

わかる〜〜〜(≧m≦) 
こどもの思い出って親の予想の斜め上を行きますよね!
ビカちゃんがとっても楽しんだのが伝わって来て、
写真が沢山楽しめて、私も金沢に一緒に連れていってもらった気分です^^
辻さんのガラスも黒系があるなんて知らなかったなあ〜
いい旅行になったんですね☆

相変わらずビカちゃんの絵が、すごく感心させられます。
俯瞰っていうか、こういう目線でかけるのってすごいことなんじゃないかなあ
以前、保育園で発表会の絵を書いてた時、
きょんを始めほとんどの子が舞台上の自分たちも見学の父母も
みんな正面向きで描いていたんですが、何人かが見学者を後ろ姿で描いていたんです。
それ見て、あー立体的に想像できてるんだ!って思ったの。
きっとビカちゃん、地図かくのとか上手なタイプじゃないかな。
一度来たところは迷わないっていうのもうなづけます☆

>>あー。さんへ

もともと食べることがすきな夫婦ではあったけれど
どんどん旅のメインが食になってきてる気がする・・・!
どこでももりもり食べてくれて、うれしいんだけれどね^^;

美術館はこどもがよろこぶ仕掛けもたくさんあって
子連れにやさしかったよー!
無料だし、芝生で走るだけできもちいいし
ちかくにあったら毎日?あそびにいくかも・・・

>>ずんさんへ

わかってくれますかー!
いやいや、もっとええとこあったやーんってなりますよね、笑

一泊だけでしたけど
金沢はみどころがぎゅぎゅっとコンパクトにおさまっているので
たくさんまわれて楽しかったです^^

辻さんの作品、透明に白いドットなんかも爽やかですきなんですけど♡
こちらのツブツブとセンセンが、わたしがはじめて辻さんを知ったきっかけの柄だったので
思い入れ的にそちらにしてしまいました♡

俯瞰ですか!?
かっこよく言うとそうなりますかね^^;
今回のタレルみたいに、しばしば神目線だったりするので
なぜこの構図!?とこちらはなるんですけど
たしかにちょっとクールというか、客観的なところがはあるのかなーと思います
いまのところ書いたりはしないですけど地図とかだいすきで
ふだんから東西南北をすごく確認します^^;
ちょっと理系はいってるのかなぁ
じぶんがド文系なもので、相容れないことも多くてびっくりしちゃいますー


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lisboa28.blog44.fc2.com/tb.php/786-1482c6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心機一転 «  | BLOG TOP |  » 金沢へゆく④

Profile

ナタ

Author:ナタ
*****
大阪→岡山→大阪
オットとわたし
2009年生まれのビカ
3人でのんびり暮らしています

幼稚園の年長さんになりました
遠視治療も3年目です

Counter

My Bookshelf

Comment

Archive

recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。